キャッシングは消費者金融のキャッシングやクレジットカードを使ったキャッシング、銀行カードローンなどがありますが、消費者金融やクレジットカードと銀行カードローンはお金を借りるうえで大きな違いがあります。

消費者金融やクレジットカードを申込むときは、貸金業法の総量規制の対象になるのでキャッシングをするときは、収入がなければ利用できず、融資限度額も年収の3分の1以内という制限があり、借入希望額が50万円をこえるときや他社借入が有るときは、借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえるときは、年収の3分の1をこえていないかの確認をすることになります。

一方銀行カードローンは銀行法が適用されるので、貸金業法の影響は受けません。
そのため銀行は独自の基準で審査をおこない、融資限度額を決めるのでので低金利で高額融資が可能で、年収の3分の1をこえる融資が受けられます。
最近は銀行も個人向け融資に積極的で、銀行ローンカードは審査がきびしく時間がかかるといったデメリットがありましたが、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」などのように即日融資が可能で、インターネットからの申込は審査にかかる時間が30分というスピード審査ができるところもあります。

また消費者金融でキャッシングをするためには、収入がなければキャッシングはできませんが、銀行カードローンは収入に影響されないので、無収入の専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば融資を受けられます。

人気のある記事

CICの信用情報開示方法と見方のポイント

 

キャッシングはうまく利用すれば、日常生活に潤いをもたらすこともできますが、使い方を間違えれば生活を続けていくうえで支障をきたす場合もあります。

キャッシングをこれからはじめたいと思っている初心者の人が注意しなければならないことのひとつに、キャッシングを初めたときは緊張感もありますが、利用を続けているとなれてしまい、お金を借りているということを忘れがちになることがあります

キャッシング会社が見ず知らずの申込者にお金を貸してくれるのは「信用」があるからで、この信用も返済が滞ってしまうといとも簡単に信頼関係が崩れてしまいます。
お互いの信頼感を裏切らないためにも返済で遅延などを起こさないようすることがだいじになります。

つぎに本当に必要なだけの借入かどうかということで、必要以上のお金は借らないという心掛けが大事で、仮に審査で思っていた以上の融資限度額が決まったとしても借り過ぎないことや必要以上は借入れしないに越したことはありません。
本当に必要なお金だけを借りるようにして、返済に余裕を持たせるような返済計画をたてることが必要です。

また借りたお金には金利を払わなければなりませんが、借りたお金はできるだけ早く返済することも重要です。
毎月最低返済額だけを返していけば返済が長びくだけで、返済期間が長くなればなるほど金利を多く払うことになるので、お金に少しでも余裕がある時は繰り上げ返済をしてできるだけ早く完済するといった気持ちが大事になってきます。